1. ホーム
  2. ランニングウォッチは必要?選び方について
  3. ≫後悔したくない人のランニングウォッチの5つの選び方

後悔したくない人のランニングウォッチの5つの選び方

後悔したくない人のランニングウォッチの5つの選び方

最終更新日:2016/10/08

ランニングを始める理由は様々ですが、「何か用意した方がいい物ある?」と聞かれれば、ランニングシューズとランニングウォッチと答えてしまいます。

あくまで個人的な意見かもしれませんが、ランニングシューズは安全に走るために必要で、ランニングウォッチは成長を実感するために必要だと思っています。

 

もしこれからあなたがランニングウォッチを購入しようか検討段階にあるのでしたら、購入してから「失敗した」と後悔する前に、ランニングウォッチの5つの選び方をあなたにお話します。

もし購入前だとしても一度この記事を読んでから購入されても遅くはないと思います。

 

ランニングウォッチのGPSの有無で選ぶ

ガーミン220J

まずランニングウォッチが必要とあなたが思われている段階で、GPSが必要だと感じられているはずですが、もしGPS付きにするべきか今も悩んでいるのでしたら以下の記事を参考にして下さい。

■関連記事 ランニングウォッチって必要?アプリやスポーツウォッチとの違いは?

 

上の記事でランニングウォッチとスポーツウォッチの違いやGPSで何ができて、あなたにどのような影響があるのかを書かせていただきました。

 

GPSが付いている時計と付いていない時計では価格差は1万円以上違います。

しかし性能的な面では価格差以上にその差があります

 

簡単に説明すればGPSなしの時計はストップウォッチのようなものです。

距離も正確にわからないし、あなたのランニングデータも残すことができません。

また健康づくりやダイエット目的で走っている方からすれば消費カロリーなども気になるはず。

GPS機能が付いていればどんどんとその消費カロリーのデータも残せて、ゲーム感覚でランニング自体が楽しくなってきます

 

もしあなたがランニングを続けて、例えばマラソンに挑戦したいと思うかもしれないし、ダイエットや健康のために続けて行こうという場合でしたら、GPS付きの時計があればより楽しく続けられるはずです。

それはやはり結果がデータとして残せるということも大きいし、ランニングウォッチを買ったからこそ止められなくなるということもあります。

だからもし、あなたがGPSのあるランニングウォッチは必要なのかな?と悩まれても、将来的に後悔しないためにも必要だと私は思います。

GPSは車の部品の様に後付けが出来るものではありません。

 

私の周りにもいますが、GPSは必要ないと思って購入したあとに、ダイエットからマラソンに挑戦したい!と決意したところ、やはりGPSがほしいとなりランニングウォッチに買いなおしたケースです。

意外とこういうこと経験されているランナーさんも多いそうですよ(笑)

ちなみに私がこのブログで紹介しているランニングウォッチは全てGPS付きモデルですので安心してください。

 

心拍測定の有無で選ぶ

235Jブラックオレンジ

ランニングウォッチでここ最近追加されてきているのが、この心拍測定機能です。

追加されていると言ってもすべてではなく、上級モデルについているオプションのようなものだと思ってください。

 

あくまで私の考え方ですが、この心拍測定機能は本気でマラソンのタイムを考えて走りたい方のトレーニング用に必要だと思っています。

心拍測定機能があれば、心臓に負担をかけられるかどうかの判断がつきやすいので、トレーニング中にもっと自分を追い込める目安がわかる機能です。

 

ですのでランニングを通じて、フルマラソンを完走してみたい、運動を通じて痩せたいというレベルであればそこまで必要ないと思います。

そこからもっともっと早く、フルマラソンで3時間切って走りたいというレベルでなければ必要がないし、測定をしたところで活かせにくいと思います。

 

逆にフルマラソンを何度も完走していて、更なる速さを目指したいのであれば文句なしで選ぶべき機能だと思います。

機能面においては、あくまでランニング初心者的には不要だと思います。

 

連続稼働時間’バッテリー)で選ぶ

エプソンSF-850PBのクチコミと最安値は?

ランニングウォッチは内臓バッテリーにより起動していますので充電が必要です。

このバッテリー容量もチェックポイントの一つです。

 

GPSがついているランニングウォッチの稼働時間はほとんどのものでフル充電で8時間程度稼動します。

これぐらいあれば、初心者の方でもフルマラソン完走までに十分充電が持ちますのでほとんどのランニングウォッチがこれぐらいの電源を持っています。

 

また、聞きなれないかもしれませんがウルトラマラソンといって100km以上走るマラソンもあり、そういう場合には普通のランニングウォッチでは充電容量が持ちません。

そのような場合に国産メーカーのエプソンでは20時間以上稼動し続けるランニングウォッチも販売されています。

 

充電容量が大きくなればそれだけメリットのように感じますが、充電池が大きくなれば時計自体も大きく、重くなってしまうのでランニングのような運動でストレスになってきます。

また価格もそれだけ上がってしまうので、そこまで充電容量が必要かということを考えておかなければいけません。

頑張ってもフルマラソン程度と考えているのであれば6~8時間あれば十分です。

ウルトラマラソンに挑戦する方は20時間以上のモデルが当然必要でしょう。

 

ランニングウォッチのデザイン、見た目で選ぶ

Nike+ SportWatch GPS

ランニングウォッチはメーカーによって見た目やカラーリングが違うのでかなり好みが出てきます。

特に女性ランナーですと、もともと手首も男性に比べると細いため、デザインにもこだわりたい方も多いでしょう。

 

ここ最近ではランニングウェアもカラーリングが派手になっていたりするので、ランニングでのお洒落も楽しめます。

そういう点では個人差はありますが、性能的に問題がなければあなたが気に入ったデザインで選ぶべきだと思っています。

 

ランニングウォッチは購入してからランニング中には切っては切り離せない「相棒」になります。

距離ごとにラップタイムをみたりするし、常に腕に巻いているしと一緒にいる時間が相当長いでしょう。

だからこそ、見た目的に気に入ったものや、ピン!ときたカラーリングから選ぶというのもありだといえます。

 

スマホのランニングアプリで選ぶ

235Jブラックレッド

もしあなたの周りでスマホのランニングアプリを使って走っていたり、データを共有している人がいるのであれば、そのスマホアプリに対応したランニングウォッチを選ぶのもいいでしょう。

ここ最近のスマホアプリでの人気はナイキプラスとガーミンコネクトです。

これら2つは専用のランニングウォッチも販売されていて、このアプリを利用しているユーザーもかなり多いですね。

 

いままではナイキとガーミンが2大人気のアプリでガーミン派、ナイキ派のように使っている人で共有できませんでしたが、2015年あたりからこの2社でデータを共有できるようになりました。

この2つが一緒になったことにより随分とランニング仲間ともコミュニケーションがとりやすくなりました。

 

もしあなたが今までスマホアプリで使っているものがあればデータをそのまま引き継げるので対応したランニングウォッチを使うのがいいでしょう。

もしデータを1から作っていきたい、またはこれからアプリを使っていくというのであれば、利用者の多いナイキやガーミンを使われるのをオススメします。

 

まとめ

これからランニングウォッチの購入を考えているあなたが買い物で失敗しないための5つの選び方を紹介しました。

ランニングウオッチは安いものでも1万円以上はしますので、失敗して無駄なお金を使いたくないですよね。

実際につかってみないと分からないだけにやはり慎重にもなるし、早く使ってみたいという焦る気持ちもあるでしょう。

 

でもここでしっかりと選んでおかないとあとで後悔するのが一番もったいないです。

商品が到着したら今よりもっと走るのが楽しくなりますよ!

 

あなたのランニングウォッチ選びに少しでもお役に立てると嬉しいです。

当サイトでもオススメのランニングウォッチなどを紹介していますので気になる方は参考にしてください。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

error: Content is protected !!